ANAで行くGWプラン~choicr~

家族・友達・一人で!思う存分楽しめて格安なプランに関する情報 - 家族みんなで一味違う淡水魚の世界を楽しんでみてはいかがですか

家族みんなで一味違う淡水魚の世界を楽しんでみてはいかがですか

岐阜県といえば緑の大自然に恵まれている場所ではありますが、周囲は県で囲まれ、海に接することの無い県です。このような場所に水族館が、と疑問に思う方もいるかもしれませんが、実はこの場所にも人気観光スポットになっている水族館があるのです。

それが「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」なのです。名前の通り、ここには海水魚はおらず、淡水魚のみという日本でも珍しい水族館。魚達を通して、岐阜県の自然環境や河川環境を楽しく学ぶことができる環境学習の実践の場として運営されています。

スタートは、岐阜の誇りでもある長良川源流水域となり、徐々に世界の河川へとつながっていきます。魚類中心ではありますが、途中に、そのエリアに生息する水辺の生き物にも出会うことができます。魚類や両生類などが約220種 20,000点、水辺の生き物が約30種 2,000点展示されています。この世界最大級を誇る淡水魚水族館を案内していきましょう。

まずは最上階の4階からスタートです。長良川源流エリアとなり、この岐阜の自然を支える木曽三川・長良川の源ともなる場所。緑が生い茂り、明るい木漏れ日、冷たい水。その澄んだ空気と水に生きるイワナやアマゴなどを観察することができます。また、なかなか表に出てくることのないオオサンショウウオなどもここにはいます。

3階に降りると中流域。瀬と淵とが再現された水槽に、オイカワやアユが優雅に泳いでいます。カワウソがウロウロしていたりカエルなどの両生類も出てきます。カワウソのフィーディングウォッチは一日3回あるので時間をチェックして楽しんでみましょう。昔は珍しくなかったハリヨやイタセンパラも今では岐阜の絶滅危惧種に指定されるほど減少してしまいました。その貴重な姿もぜひ観察してみてください。

河口近くになると、もうサンショウウオの姿はありません。その代りにコイやギンブナ、ナマズなどに出会えます。水面には可愛らしいカルガモの姿もあり、群れを成して泳ぐモツゴもいます。

長良川の次に出てくるのはメコン川など世界の河川の様子。そしてタンガニーカ湖などの、その地域特有の珍しい魚達に合うことができます。
家族みんなで一味違う淡水魚の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事